メモしても出来ないのはなぜ?原因はこれです!

パソコンやスマホを教えてもらってメモまでしているのに…できない


パソコン操作
パソコンやスマホの初心者は操作がわからなくなると、わかる人に聞いて解決していることが多いと思います。何度も同じことを聞いて悪いと思っている人はキチンと教えてもらった事をノートなどにメモしている人も多いです。

しかし、後日同じトラブルに遭遇した時メモした手順を確認するがなぜか出来ない。以前メモした時は完璧だ!と思っていたが実際見てみても解決できない。ではなぜ解決できないのか?

ほんとにキチンとメモしましたか?


教えてもらっている最中は正解の手順を聞きながらやっているので、自分自身は「わかった気」になっています。なんだ、こんなことか!と。そんな気持ちでメモを取っているので、いちいち細かく手順を書かなくてもわかると無意識に思い込んでしまっている。なのでかなり端折ってメモしてしまう。

後日メモを見ながら操作していると、手順通りに進まない。それはあちこち手順を端折ってしまったため進まないのである。例えば「スタートボタンをクリック」→「ドキュメントを開く」とあった場合、「スタートボタンをクリック」なんてわかるでしょ!と教えてもらっている時は思ってしまいメモしない。後日「ドキュメント」の場所が見つからず困ってします。きちんと逐一メモしていないのが原因である。

気持ちはわかりますが逐一メモしましょう


怒る
教室に来ていただいている生徒さんには何度同じ質問されても丁寧にお教えしますが、知り合いや家族に聞く場合はそうはいきません。「何回同じこと聞くねん!」と言われかねません。そうならないためにもこんな事わかっていると思うことでも面倒くさいでしょうが逐一メモすることが一番ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県三田市のパソコン教室ゼロワン店長の上田健です。初心者にも分かりやすい指導を心がけています。スマホやタブレットの使い方レッスンも行っています。書類作成なども承っておりますのでお気軽にご連絡ください。